La Festa Autunno 2011・・・Another La Festa story(もうひとつのラ・フェスタ)

d0148635_9353820.jpg

トントントン・・・カンカンカン・・・ブゥゥン
今年も毎夜この光景が見られた。
「もうひとつのラ・フェスタ」、そう裏方であるメカニックたちの戦いだ。
設備の整わない野外での作業、工場であれば難なくこなせる作業も出先では出来ないこともある。
パーツさえあれば元に戻せることもある、時間さえあれば元に戻せることもある。
しかし・・・ここはレースの現場、そして屋外の作業。
そして、非情にも朝には「スタート」がやってくる

季節は秋、夜になれば気温も下がり手がかじかんでくるほどだ。
今年は4日間雨が降ることは無かったが、
昨年は土砂降りの夜もあった。
それでも彼らは心折れることなく黙々と作業を続ける。
d0148635_9355350.jpg

出場するクルマは新しくても1964年製造、
もっとも古い一台ともなれば1923年製造だ。
どこかの自動車博物館に飾られていても不思議ではないクルマが、
現代の道で「レース」をするのだから、
出走前入念なメンテナンスを行っていたとしても、
大小さまざまどこかに異常をきたす事もある。
特に上位を争っているクルマともなれば決してリタイアは許されない。
彼らはプライドをかけ、寝食を惜しみ、
なんとしてでも最終日のゴールまでクルマを持たすため
必死の作業を行うのだ。
d0148635_936572.jpg

リタイアを決めなければならない時の、
あのなんともいえない空気・・・あのドライバーの表情・・・
僕は、ラ・フェスタの取材を続ける中で何度も見てきた。
メカニックも、ドライバーも、表情を歪めながら、
長い長い一秒を砂を噛む思いで味わう・・・
そんなつらい経験があるからこそ、そんなドライバーの顔を2度と見たく無いからこそ、
彼らは毎夜「もうひとつのラ・フェスタ」で戦っているのだ。

トントントン・・・カンカンカン・・・ブゥゥン
今年もこの音が夜のホテルの駐車場でこだまする。
この音は、「もうひとつのラ・フェスタ」・・・メカニックのプライドをかけた壮絶な戦いの音なのだ。


見ていただくだけでもかまいませんので出場者の方のリクエストをお待ちしております^^

現像処理が終わったものは
La Festa Autunno 2011 フォトサービスにUPしました^^



人気blogランキングへ参加しています←ポチっと全開お願いします!^^

多忙のためしばらくの間コメントのお返しが出来ませんm(_)mお許しを!


本家の風景中心車ちょっとだけブログ エンゾの写真館 with Keep On Driving! もよろしく!^^
(Please check my main blog "ENZZ's Photo Studio with Keep On Driving!" for
landscape photos :)

このブログは、無料ブログのため記事下にテキスト広告が掲載されています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
[PR]
by enzz-cars | 2011-10-28 09:33 | La Festa
<< La Festa Autunn... La Festa Autunn... >>